ラクトフェリンの効能には何がある?

ラクトフェリンの効能は実に様々です。科学的に証明されたものからそうでないものまで沢山ありますが、特に今後の免疫療法の分野では特に注目されており、治療薬として研究され始めるなど可能性を秘めた成分と言えそうです。

ラクトフェリンの効能とは

風邪をひいた男性ラクトフェリンの効能としてまず取り上げるべきは「免疫調整作用」でしょう。免疫力を高め感染症を未然に防ぎ、最近ではがん予防にも効果があるとさえ言われています。また、「抗菌、抗ウィルス作用」や「抗炎症作用」といったこともラクトフェリンの効能として有名です。外部から侵入する菌やウィルスに果敢に立ち向かうのがこのラクトフェリンという成分の特性であることがお分かりいただけると思います。その他にもたくさんありますので、下表にまとめてみました。

効能・作用内容
1.免疫調整作用発がん予防、感染予防
2.抗菌・抗ウィルス作用ピロリ菌や歯周病菌の抑制
3.ビフィズス菌増殖大腸内のビフィズス菌を増やし腸内細菌のバランスを調整
4.鉄吸収調節作用貧血の改善
5.抗炎症作用関節炎、大腸炎の改善
6.脂質代謝改善作用内臓脂肪の低減(ライオン鰍フ研究)

ご覧いただいた効能は、「ラクトフェリン学会」が動物実験により得た結果をもとにまとめさせていただきました。これを受けて医療界や美容界でもラクトフェリンをいかに活用すべきか活発な議論が繰り広げられています。また、最近では放射線障害の予防治療に効果があるとの研究結果(放射線医学総合研究所)も得られておりラクトフェリンの注目度は高まってきています。

▲ ページのトップへ

ラクトフェリンを効果的に摂取するには

牛乳と食事健康維持や様々な病気や疾患の改善に重要な役割を果たすラクトフェリンですが、効果的に摂取するには出来るだけ新鮮な状態で生乳やナチュラルチーズを意識的に摂取するなどの工夫が必要となります。ラクトフェリンはヨーグルトなどの乳製品でも十分に摂れるだろうと思われている方が多いようですが、加工食品や加熱処理されたような製品にはほとんど含まれていませんから、例えば市販の牛乳などを買ってきて食べても期待する効果はほとんど得られないと思ったほうが良さそうです。

▲ ページのトップへ

生乳やナチュラルチーズをどれくらい摂ればいいの?

チーズ生乳やナチュラルチーズをどのくらいの量摂取すればラクトフェリンの効果が感じられるのか、みなさんお知りになりたいところだと思いますが、実はかなりの量をとる必要があります。例えば300mgのラクトフェリンを生乳から摂取する場合、1リットル以上飲む必要があります。しかも絞りたての新鮮な生乳で1リットルですから、いかに条件が厳しいかがお分かりになると思います。ですから最近ではラクトフェリンを楽に摂取できるよう健康補助食品やサプリメントが開発されはじめました。ご自分の食生活に「新鮮な生乳1リットル」を加えられるようでしたらそれを続けていただくのが良いのかもしれませんが、もし無理であれば成分を凝縮した健康補助食品やサプリメントを手に入れるのが賢い方法と言えそうです。

▲ ページのトップへ

どんなサプリメントを選ぶべき?

サプリメントラクトフェリンのサプリメントを選ぶときに必ず覚えておいていただきたいことがあります。それは「ラクトフェリンが腸まで届く設計になったサプリメントを選ぶ」ということです。

ラクトフェリンという成分は熱だけでなく酸にも弱いため、体内に摂取された成分は胃を通過する際に胃酸にほとんどが分解されます。そのため腸に到達するころにはラクトフェリンがほとんど届きません。ですから最近でこそ「腸まで届く」ということを売りにしたサプリメントや健康補助食品が増えてきましたが、腸まで届く設計になっていない生のラクトフェリンを続けられてこられた方は、残念なことにほとんどの有効成分を捨て続けたようなものです。もし心当たりあるようでしたら、今後購入されるラクトフェリンは「腸まで届く設計がなされたもの」にしてください。

ちなみに腸まで届く設計がされているサプリメントとして今もっとも売れているのが「ライオン鰍フラクトフェリン」です。ライオンのラクトフェリンは腸まで届かせるために、特許技術のコーティングをサプリメントひとつひとつに施しています。まさに理想的なサプリメントと言えます。他にも「濃純ラクトフェリン100」というものがありますが、美容成分の「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」、「コンドロイチン」なども含まれているためお値段的には少々はります。本格的にラクトフェリンを取り入れたいのであればこの「濃純ラクトフェリン100」が合っていますが、まずラクトフェリンの効果を試してみたいということであればお試しパックのある「ライオンのラクトフェリン」のほうが良いのではと感じます。

いずれにせよラクトフェリンに依存し続ける食生活はおすすめできませんが、忙しい毎日を言い訳にして自分の健康管理を先延ばしにしてしまうくらいなら一旦ラクトフェリンを取り入れてから徐々に食生活の改善を試みるのが良いかもしれません。

HOME | ラクトフェリンの効能には何がある? | ラクトフェリンの効果が知りたい | ラクトフェリンの副作用について | ラクトフェリンの効果的な飲み方 | ラクトフェリンを多く含む食品(食べ物) | ラクトフェリンでダイエットできる理由 | ラクトフェリンでやせる方法 | ラクトフェリンで免疫力がアップする? | ラクトフェリンで便秘が治る? | おすすめのラクトフェリン | 目覚めが良くなる |

ページのトップへ | リンク集 | プライバシーポリシー | リンクについて | サイトマップ | お問い合わせ |

Copyright (C) ラクトフェリンの効能には何がある? All Rights Reserved.